ガラスのことなら大澤硝子店

ガラス修理で10年間頑張ってきました。東京都・神奈川県・千葉県・埼玉県に出張いたしますなんでもご相談ください。7〜24時まで年中無休

網入りガラスの豆知識

防犯ではない!網入りガラスの目的

防犯ではない網入りガラスの目的

防犯に効果があるとよく勘違いされるのが、網入りガラスです。
網入りガラスとはその名の通り、ガラスの中に金網(ワイヤー)が設置されているガラスです。
ワイヤーがある為、丈夫で防犯性能があると皆様思い込みがちなのですが…。しかし、実際のところは、そうではありません。

網入りガラスには、防犯面での効果は期待できません。
バール等で大きな衝撃を与えガラスを割る場合、網入りガラスの強度は通常のガラスとほぼ変わらないのです。工具等で衝撃を与えガラスに小さな穴を開ける場合も、同様に簡単に穴が開きます。意外なほど「弱い」んです。

そして普通のガラスよりも防犯面で危険な点があります。

網入りガラスの本来の目的は、防犯ではなく防火です。防火地域や準防火地域では消防法により網入りガラスの設置が義務付けられています。飲食店やガソリンスタンド等、火を扱う場所が代表的な例です。

火災が発生した時に、網入りガラスは真の力を発揮します。
中のワイヤーがガラスの飛散を防止するのです。結果としてガラスによる怪我を防ぐことができます。また、崩れ落ちなどを防ぎ、火災や火の粉の侵入、延焼を食い止めます。しかし上述の通り、防犯効果はありませんので、勘違いしないようにしましょう。

注意!割れやすい網入りガラス

網入りガラスは、文字通りガラスの中に金網(ワイヤー)が入っているガラスで、防火や延焼防止を目的として使用されることが多いガラスです。

火事でガラスが割れても金網のおかげで飛び散りにくく、火を扱う飲食店や、火事になると危険なガソリンスタンドなどでよく見かけます。

そのような頼もしい網入りガラスですが、いつのまにかヒビが入っていることがあります。
その原因の多くは「熱割れ」もしくは「錆割れ」というものです。

まず「熱割れ」は、直射日光などで暖められた部分と冷たい部分のガラスの温度差、およびガラスと金網の熱膨張率の違いによるひずみが重なり、強度を保てなくなって割れるものです。

熱割れ

これには、なるべくガラス付近に熱をこもらせないことが大切です。
たとえば、暖房の温風を直接あてないことや、カーテンやブラインドを密着させない、ガラスにポスターや塗料を塗らない、などの対処が必要です。

また「錆割れ」は、網入りガラスの末端部の金網が錆びて体積が膨張した結果、ヒビが入る現象です。

サビ割れ

もともと網入りガラスの端の部分は、雨水や結露した水が侵入しないようなつくりがなされています。
しかし、経年劣化等でサッシのゴムパッキンに水がたまってしまう場合があります。
これを防ぐためには、ガラスの小口に専用の塗料を塗布することや、防水テープを貼るなどの加工を施すことで対応できます。

ガラスのことならなんでもご相談ください。必ず解決します