ガラスのことなら大澤硝子店

ガラス修理で10年間頑張ってきました。東京都・神奈川県・千葉県・埼玉県に出張いたしますなんでもご相談ください。7〜24時まで年中無休

窓の種類と開き方

窓の開き方

窓の開き方

窓にも様々な形・開き方・設置場所があります。
窓もその目的によって上手に使い分けることが大切です。窓の種類は、じつはかなり多いのですが、ここに主要な種類のものを紹介いたします。

  • 引き違い窓
    もっとも一般的な窓のタイプですね。
    横に引くだけで開閉できますので操作が簡単です。掃き出し窓や腰高窓などで使われることが多いです。
    横降りの雨には弱いので、庇や軒で雨を防ぐと良いですね。
  • はめ殺し窓
    フィックス窓とも呼ばれます。
    こちらはガラスをはめ込んでいるタイプなので開閉することはできません。
    主に「採光や風景を眺めることが目的で普段は開け閉めしない場所」「換気の必要ない場所」に向いている窓です。
  • 縦すべり出し窓
    ドア(開き戸)のように開閉することができますので、風を採りこむのに最適な窓です。
    23センチ以下くらいの横幅であれば、防犯上も安心です。
  • 横すべり出し窓
    外に押し出すように窓を開けるタイプです。
    窓が軒のようになる為に、雨が降っていても換気のために窓を開けることができます。
  • ルーバー窓
    ブラインドのように開けられるタイプの窓で、浴室などに設置される場合が多いです。
    こちらも多少の雨であれば開けても大丈夫なので、換気にも適しています。その代わり、気密性は低いです。
  • 折れ戸式窓
    浴室に設置される二つ折りのドアや、クローゼットドアなどと同じ開き方をするタイプの窓です。
    デッキと一体の空間にしたい場合や、開放感を得たいリビングなどに設置すると効果的です。
  • 上げ下げ窓
    上下にスライドするタイプの窓で、気密性が高いのが特徴です。電車の窓のタイプですね。欧米でもよく採用されています。

窓の開き方の種類

このように、窓の種類はたくさんあり、使う人の好みや使い勝手によっても選ぶ事ができます。それぞれの窓の使い方には特徴があり、向き・不向きもありますので、きちんと操作性や使い勝手を考えながら選ぶ事が大切です。

窓の役割と設置場所

  • 地窓
    床面に設置された窓で、換気に効果的です。柔らかで暖かい光を取り入れることもできます。
  • 高窓
    部屋の天井近く、高い面に設置された窓です。採光に好都合です。
    その他に煙り出しや換気にも適しています。
  • トップライト(天窓)
    天井・屋根に配置された窓を指します。
    採光に有効で、部屋の雰囲気もとてもお洒落になります。開閉式であれば換気にも効果があります。
  • コーナー窓
    その名の通りコーナー(角)に設置された窓です。
    採光に大きな役割がありますし、外の景観を立体的に楽しむことができます。
  • 腰高窓
    壁の中ほどより上に設けられた窓です。
    窓の下枠が人の腰の高さ(約1m)程で、採光よりも換気が主な目的です。
    ソファやテーブルを寄せて置くのにちょうどいい高さの窓です。
  • 掃き出し窓
    人が出入りできる大きさの背の高い窓で、窓の下枠は床面とほぼ同じ高さです。
    庭やベランダに面した窓に多く用いられています。
    通風に加え、大型家具の出し入れや災害時の避難経路にも用いられます。
  • スリット窓
    細長い窓で、主に玄関や階段に採光目的で設置されます。
    プライバシーを守りながら、効果的な採光ができます。
  • 小窓
    幅が90cm足らずの小さな窓で、採光に用いられます。
    様々な配置が可能で、内観・外観のデザイン性を高める効果もあります。
  • 出窓
    垂直の壁面から外側に突出した窓です。
    部屋を広くオシャレに見せる効果があり、窓の下側に器物を置いたりできますね。
窓の役割と設置場所
ガラスのことならなんでもご相談ください。必ず解決します