ガラスのことなら大澤硝子店

ガラス修理で10年間頑張ってきました。東京都・神奈川県・千葉県・埼玉県に出張いたしますなんでもご相談ください。7〜24時まで年中無休

これで安心!結露対策

結露が起こる原因

結露が起こる原因

特に冬場、窓に水滴が付く「結露」にお悩みの方も多いと思います。
そもそも、結露はどのようにして起こるのでしょうか。

結露が起きる原因は、室内外の温度差にあります。

空気には水蒸気が含まれています。空気中には暖かいほど水蒸気が多く、逆に冷たければ水蒸気は少なくなります。

暖かい空気から冷たい空気になると、空気中に含まれる水蒸気の量は少なくなるので、空気中に入りきらない水蒸気は「水滴」になります。

これを冬の家の窓で考えてみましょう。
冬の窓ガラスは、寒い外の空気と接触しているので冷たいですね。
その冷たい窓ガラスに、暖房で暖められた室内の空気が触れると、水蒸気が水滴になります。

暖かい空気が冷やされると、「飽和水蒸気量」(※空気中に含むことのできる水蒸気の限界の量)を超えた余分な水蒸気が、水滴へと変わるんですね。これが結露の仕組みです。

夏場冷たい飲み物をグラスに注ぐと水滴が生まれるのも同様の現象です。

結露は室内外の温度差が大きく湿度が低い場合に起きやすいので、冬場よく起きる現象です。
結露には表面結露と内面結露があり、窓ガラスに起きる結露は表面結露と呼ばれています。
これは窓ガラス表面の温度を上げることで発生を抑えることができます。
たとえば断熱効果の高いサッシ断熱ペアガラスを導入するなどの対策方法があります。

また、内面結露は水滴が壁の内側に入り込むことで起きる結露です。
これが頻繁に起きると壁が内側から腐ってしまい、建物の劣化につながります。
これは冬場だけでなく夏場エアコンを使うことによっても起こりうる減少なので、リスクを減らすためには室内の温度を一定化し、防湿対策をすることが必要です。

家庭でできる結露対策

冬になると、毎朝大変な思いをしながら結露をふき取っている、という人もいるのではないでしょうか。
そこでいくつか、簡単にできる家庭の結露対策を紹介したいと思います。

1 換気

寒い冬に窓を開けるのは嫌かもしれません。しかし、室内にこもった湿気を帯びた空気と外気を入れ替えることで、空気に含まれる水分自体を減らすことができます。
その結果、結露を減らすことができます。

換気は一日に数度行ってほしいですが、それが無理なら夜寝る前だけでもしっかり換気をしておけば翌朝の結露を軽減できるのでおススメです。換気扇なども利用すれば、効率よく換気できます。

2 隙間を作る

家具や押し入れの荷物を壁から離すことも有効です。
壁に面している家具の背側や押し入れの中というのは、非常に湿気がこもりやすい場所です。

壁との隙間を作ることで空気の流れを作りましょう。

隙間を作る

押し入れの床にはスノコを敷くといいですね。

3 対策グッズを使用

結露吸水テープ結露防止スプレーなどの結露対策グッズを利用するという方法もあります。
ホームセンターなどに置いてありますが、正直に申し上げて、根本的な解消にはなりません。

それでも結露が出てしまったら、あとは残念ならがやはり拭き取る以外にありません。
でもちょっとした工夫で結露を減らすことは可能ですから、ぜひやってみてください。

結露対策の強い味方、断熱ガラス

結露対策には様々な方法がありますが、窓ガラスを、断熱性能を高めた「断熱ペアガラス」に交換する、という対策の仕方もあります。「断熱」の名のとおり、熱を遮断する性能にすぐれたガラスは、ガラスの表面温度が下がりにくい特徴があり、結露の発生が大幅に軽減されるのです。

断熱ガラスには主に、断熱構造の異なる2種類のものがあります。

一般的な断熱複層ガラスは、スペーサーと呼ばれる部分で2枚のガラスの間に中空部分を作っています。
そこに乾燥空気アルゴンガス等を封じ込めてあります。

中空層では空気の対流が起こりません(12mm以上になると対流が発生して断熱性能は変わらなくなります)ので、高い断熱効果があります。
※ちなみに、ダウンジャケットの断熱性能も、断熱ガラスと同じ構造です。羽毛の中の小さな空気層が熱の移動を抑える働きをしています。

真空ガラスは、中空層が真空になっていて、さらに断熱性能が高いガラスです。
特殊な金属膜Low-Eも使用しており、従来の複層ガラスよりも高い断熱・結露防止効果があります。
真空層は0.2mmほどと薄く、網戸や雨戸などと接触する可能性を軽減でき、設置の幅が広いのも特徴です。

断熱ガラスは、太陽の日光を室内に入れながら暖房の熱も逃さないので、暖かさが持続し、省エネにも貢献できます。たいへんおすすめのガラスです!

結露対策の強い味方、断熱ガラス

室内の換気やエアコンによる温度・湿度のコントロールと併用して、快適な暮らしをしたいものですね。

ガラスのことならなんでもご相談ください。必ず解決します